第61回くすのき祭-門 

第61回くすのき祭のメインゲート(1024x768)

今年も埼玉県立川越高校のくすのき祭に行ってきました。
9月6日、7日の両日に1万人以上の来客の方々がこの門をくぐりました。

第61回くすのき祭ー門(1)

今年の門はフィリピンにある「バギオ大聖堂」
くすのき祭のパンフレットによると、1920年に当時の教区の司教だったフロリモノ=カール神父の指揮で建設され、1936年に完成と有る。

本物の写真はこれだ。

おお~、すごい!!
今年もよく出来てるね。
去年のも良かったし、さすがに門班が青春の全てを賭けて作っただけの事は有ります(笑)

後側も手抜きなし。
第61回くすのき祭ー門(2)


内部も凝ってます。
正面に初雁をモチーフにした校章が描かれてます。
第61回くすのき祭ー門(3)

ステンドグラスまで作っちゃってます。
内部に電球が入っていて、暗くなるととっても奇麗でした。
第61回くすのき祭ー門(4)

これだけ頑張って作った門もくすのき祭が終われば、作成者の手で解体されます。
諸行無常。

でも、一番楽しいのは壊してる時だったりして(;^_^


スポンサーサイト

第60回川越高校くすのき祭-門 

くすのき祭のメインゲート(1024x768)

第60回川越高校くすのき祭-門(外観)


埼玉県立川越高校の文化祭(くすのき祭)の入場門。
今年は長崎の平戸にある聖フランシスコ・ザビエル記念教会。
実行委員会の門班の生徒が企画・構想から製造までを半年かけて作り上げます。
くすのき祭は映画ウォーターボーイズのシンクロで有名ですが、この門も他の文化祭を圧倒しています。


第60回川越高校くすのき祭-門(内部)


内部です。
ちゃんと天井画が描かれたりしてます(^^
きちんと校章も描かれているところが、真面目ですね(笑)

今年も1万人以上の人がこの門を通ったそうです。